ごあいさつ

理事長挨拶

基本理念「共に育つ」

社会福祉法人ビバランドは、1974年(昭和49年)知的障がいに対する時代の要請が高まる中、北海道でこの支援活動に草分け的な方々が中心となり設立され、併せて当時福祉の村づくりを目指した旧大滝村(現在の伊達市大滝区)の強い要望も有り、同年、障がい者更生施設「大滝学園」を開設したことに始まります。

以来今日まで、障がい者支援、共同生活援助、生活介護、就労継続支援B型といった事業を展開し、福祉の発展に努めてまいりました。


近年、福祉を取り巻く環境は益々複雑化・多様化する等、厳しい状況に有りますが、私共は設立より一貫して利用者の人権を守り、生きがいのある豊かな生活の更なる向上を掲げて来ております。

これからも法人の理念「共育」に基づき、日々明るく楽しく接する中で教わること、感じることを何よりも大切に、共に育ち合いながら、新たな支援技術等の実践で一層の福祉サービスを図ってまいります。


今後も、地域に根ざした愛される社会福祉法人として、役職員一同強い使命感とたゆまぬ努力で期待に応えてまいりたいと思っております。

皆様の深いご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。


社会福祉法人ビバランド 理事長 阿部正宏

社会福祉法人ビバランドは、1974年(昭和49年)知的障がいに対する時代の要請が高まる中、北海道でこの支援活動に草分け的な方々が中心となり設立され、併せて当時福祉の村づくりを目指した旧大滝村(現在の伊達市大滝区)の強い要望も有り、同年、障がい者更生施設「大滝学園」を開設したことに始まります。

以来今日まで、障がい者支援、共同生活援助、生活介護、就労継続支援B型といった事業を展開し、福祉の発展に努めてまいりました。


近年、福祉を取り巻く環境は益々複雑化・多様化する等、厳しい状況に有りますが、私共は設立より一貫して利用者の人権を守り、生きがいのある豊かな生活の更なる向上を掲げて来ております。

これからも法人の理念「共育」に基づき、日々明るく楽しく接する中で教わること、感じることを何よりも大切に、共に育ち合いながら、新たな支援技術等の実践で一層の福祉サービスを図ってまいります。


今後も、地域に根ざした愛される社会福祉法人として、役職員一同強い使命感とたゆまぬ努力で期待に応えてまいりたいと思っております。

皆様の深いご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。


社会福祉法人ビバランド 理事長 阿部正宏