沿革

昭和49年
 
 
5月社会福祉法人設立認可を受ける
10月知的障がい者更生施設「大滝学園」開設(定員50名)
12月大滝学園体育館完成
昭和51年11月知的障がい者更生施設「優徳荘」開設(定員30名)
昭和61年4月優徳荘定員50名に変更
昭和62年5月優徳荘定員55名に変更
平成2年2月地域交流ホーム完成(優徳荘敷地内)
平成8年7月大滝学園、優徳荘短期入所事業開始
平成14年4月知的障がい者通所授産施設「愛らんど」開設(定員20名)
平成15年4月愛らんど分場(パン工場)開設(定員10名)
平成16年
 
2月共同生活援助事業所「グループホームリラックス」開所(定員4名)
10月優徳荘管理棟新築
平成17年4月愛らんど分場(パン工場)定員19名に変更
平成18年9月愛らんど分場「コットン」開設(定員15名)
平成22年3月愛らんど分場「コットン」廃止
平成23年
 
1月愛らんど分場(パン工場)新築
4月愛らんど本体を「ふれあいらんど」へ名称変更する
パン工場の名称を「愛らんど」とし、就労継続支援B型事業所(定員20名)として指定を受ける
大滝学園が障がい者支援施設として指定を受ける
平成24年1月愛らんど管理棟新築
平成24年4月優徳荘が障がい者支援施設として指定を受ける
ふれあいらんどが生活介護事業所として指定を受ける
平成25年4月共同生活介護事業所「ゆうゆう」開所(定員10名)
大滝学園夜間定員40名に変更
優徳荘定員50名に変更
平成28年7月法人本部を苫小牧に移転(ふれあいらんど内)
平成29年4月優徳荘定員(生活介護、施設入所支援)40名に変更


※施設種別、名称等は当時の呼称で表記